2018年12月18日

進化に驚き!ファンケルの洗顔パウダー





どれくらいだろう・・・
おそらく10年以上ぶりに使用した気がします。





お花ファンケル 洗顔パウダー
50g・1,296円

うるおいをキープしながら、
極上のつるつる肌に洗い上げるパウダー状の洗顔料ですハート







1回の使用量は、ティースプーン1杯。
朝晩使用して、約1ヶ月分です。

さらっさらのパウダーですが、
ボトルから出したときに舞い上がることなく、とっても快適音符
冷たい水にも溶けやすいいので、ダマになることなく
サっと泡立てることができます。







泡質はとてもなめらかでクリーミィ。
昔はもっと泡立てるのが大変で、
泡も軽めのふわふわしたものだった気がします。

洗い流しも楽で、ぬるつきが残りません。
それでいて、肌から必要以上の油分・水分が奪われたという感じはなく、
うるおいがキープされているという実感があります。

やはり、コスメは日々進化していますねしあわせ







以前も記事にしましたが、
今、夜のお手入れはファンケルで統一しています。
そろそろ化粧液がなくなりかけているんですが、
今度はBCラインのものを使ってみたいなぁハート
使ったら戻れなくなるかな汗








  


Posted by ラビ  at 10:10Comments(0)スキンケア

2018年11月25日

私の原点。ファンケルのスキンケア




11月も終わりに近づいてきましたね。
急激な寒さと乾燥で、肌が悲鳴をあげてます・・・がびーん
こんなときは、肌に刺激がないものを使用したい。




ってことで、スキンケアを久々にファンケルで統一。



左から、

お花マイルドクレンジングオイル
お花洗顔パウダー
お花アクティブコンディショニング化粧液
お花アクティブコンディショニング乳液
お花スキンリニューアルパック




化粧水と乳液は以前モニターさせていただたものを使いきり、
すごくよかったので、すぐにリピート購入していました。
でも当時、使用中のスキンケアがあったので、そのままストック。
しかし、購入してまもなくリニューアルしてしまったという汗
なので、こちらはリニュ前の旧品。
もちろんフレッシュ期限内なので、そのへんは大丈夫です。


クレンジングオイル、化粧液、乳液は、
過去に記事にしているので、今回はスキンリニューアルパックについて。








ファンケル スキンリニューアルパック
40g・2000円+税

古い角層をおだやかに取り除きやわらかな肌に整える、
洗い流し専用のパックです。






粘度高めのジェルです。
1回の使用量は500円硬貨大。
洗顔後の乾いた肌に使用します。







とろりとしたテクスチャーで、肌にぴったりと吸い付くような感じ。
やや硬めなので、伸ばす際は少量ずつ、
目まわりを避けて伸ばしていきます。
5分置いたら、洗い流すだけ。
その後は普段のお手入れをして終了です。

香りもないし、美容液でひたされるようなぜいたくな感じもないので
パック中は地味~に感じるんですが、
洗い流した後の肌は、すごくやわらかくて
ごわつきやザラツキが解消されているのを実感できるんです。

12回分なので、規定とおりに使えば、1回当たり180円。
なかなか経済的しあわせ
これからも定期的に使いたいスペシャルケアアイテムですハート









  


Posted by ラビ  at 10:10Comments(0)スキンケア

2018年10月29日

サーティワンのリップクリーム





2018年9月25日から10月30日までの期間、
サーティワンで開催されている
ビビッドブラックハロウィンキャンペーン音符

同一店舗で2回、400円以上(税込)お買いものをすると、
リップクリームがもらえますハート
フレーバーは、「チョコレートミント」と「キャラメルリボン」の2種類。
昨年のイヤホンもかわいかったけれど、
今年はさらに実用的だったので、いただいてきましたやったー








私がいただいたのは、チョコミント!
チョコミントのリップクリームといえば、RMKの限定を思い出します。
(今年も出るのかな)









開けてみると、予想外の色(笑
そしてチョコミントのおいしそうな香りハート







塗ったすぐは無色透明なんですが、
時間が経つと、ピンク色に発色します。
この画像はまだかわいいほうで、
時間が経てば経つほど、さらにピンク色が強くなってきます。

普通のリップクリームのように、
適当にオーバリープでつけてしまうと、
いつの間にかクチビルゲになってしまうので要注意です手のひら


口紅の下地としては発色が強く、
夜寝る前に使うわけにもいかないので、
普通の色付きリップとして使う道しかなさそう汗


よくよく見れば、対象年齢12歳以上という注意書きがあるので、
やはり保湿目的のリップクリームというよりは
おしゃれ感覚の色付きリップなんでしょうね。

ちなみに日本製ですやったー















  


Posted by ラビ  at 10:10Comments(0)スキンケア